Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

C-Style >ライチャスブラザース>引き潮

C-Style >ライチャスブラザース>引き潮>https://youtu.be/rGcpcvIH7hE

結局、なんの歌が好きなの?そう聞かれて僕はとっさに答えられなかった。
三宿のソウルバー。ターンテーブルの前に頬杖ついた女性と死ぬほど笑いあった朝4時半。
かなりやばい線になってきた。今頃交差点の上に、あかりがさしてるはず。

もうどういう集まりだったかも忘れるくらい酔っ払っていたし、明日は今日になってて、仕事は9時からなんだけど、もう世田谷代田のうちに帰る時間はない。ねぇ何が聴きたいのともう一度。言わなきゃいけないのかい、もうちょっと休ませてくれよ。そんな簡単に言えることじゃない。

名前や人柄を時間かけて知るより、物の好みで、相手をわかったような気になっていた頃。不器用なのか、人間を、世間を知らないのか「君と好きなものが違いすぎると腹がたつ。似過ぎていると、悲しくなる」

たとえば、好きなのは♩エッブタイド。ずーっと悲しい気持ちが続くからだ。意味なんかわかんないけど。朝の海に一人で向かってるような気がするから。自己憐憫ってこういうこと。僕は、そういうのが好きな、くだらん、つまらん男だ。今までも、これからも多分。

未だに、ライチャスブラザースを聴くと、心の奥底に、寂しい場所があるって、悲しいことが、続いていることを思う。そう、歌は、時間も場所も超えて、繋がっている。

f:id:sojoji:20190623012957j:image