Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

特に、ないこと

Why walk on the wild side>藤井風>特にない> https://youtu.be/VsmToj4IyPw

人を相手の専門職というの、やっているのだけれど、もうそっちの世界の常識には乗り切れないでいる。#現状維持バイアス とか #診療報酬点数 そんな言葉はどうでもいい。

以前誰彼に「俺は文学でいくよ」と宣言したことがあったっけ。何にも反応はなかった。意味がわからんかったんだろう。でもつまりそれはエビデンスとか言いながらそれぞれの人への架け橋をたたむ風潮みたいなのに嫌気がさしたからだった「信頼関係は必要ない」とかね。でも、あれからずいぶんたった。今はもうそんな風に“言い切った自分”が「何事もなしえない」ことへの恐怖、を感じている。

人は、間違いを犯すし、物事を知らないで生きていける。物語は変わっていくし、我慢は続かない。新しいことなんか始めたくないし、変われないと思っている。多分。

🎶心がもう気にしないって言っている
誰かこの尻を叩いて吹っ切れさせて
昔はおどっていたけどもうダメだ
今はもう足もなくしてしまった
誰か私にあの愛を取り戻して
そして、あるがままでいさせて

藤井風くんがこの曲に忍ばせた英語のリリック。ああ、そうだね。と素直に受け入れている自分を思う。そして、願わくばこんな風に人に語りたい、わたりたい、繋げたい。
それが、物語=文学的な何かを呼び起こすってやり方なんだろう。そうなんだろうな。

#ナラティブ

f:id:sojoji:20200927023534p:image