New Coat of Paint-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

ブロークンハートランニング

 N.C.O.P. #ブルーススプリングスティーン #タファーザンザレスト

https://youtu.be/1bmxcBEGbHw

そのアーチストの、一番聴いたアルバムをとりあげているわけじゃないけど、このアルバムは今でもなんだか、準備なしに聴けるんだよな。ちょっと気取っておしゃれなスーツに棒タイなんかして、車はキャデラックなんだろうけど。友人の下宿で発売前に「お前は特別。ブルースが一番好きなんだろ?」ときかせて貰った時はちょっとめんくらった(ビックマンのサックスがないじゃないか?)その、妙に滑らかな曲調に。ブルースの優しげな歌い回しに。今聴くとやっぱり気張った感じなんだけどな。さて、愛は惜しみなく奪う、じゃなくて、恋は盲目、もとい恋愛、結婚は“暗くて細い線、それでも俺は歩く、あなたが愛に耐えるのならば、俺は他の誰よりもタフだ“そんなこの曲のPVは、本当に恋愛関係にあった(そして不倫関係?)パティスキャルファとの見つめ合い、がほとんど。いや、凄いドキュメントだよな。そんで、これは俺にとっても恋愛についてのロールモデル?になっていたんだなあ、と今わかる。それが誤りだったのかもとも思うけどな「愛というトンネルに入っていく勇気がなければ、一緒にはいれない」これ。なんだろう、人に求めるアグレッシブな感じ、誤りとも思い切れないけどさ。さあさあ、あれから何年経つか。恋愛至上主義とか嘘ぶいて結果バツイチのハングリーハート、まあ、トンネルに入るのは、ごめんって感じだけどな。

f:id:sojoji:20201218235852p:image