Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

世界は平和に

Why walk on the wild sid> ジョニー・ナッシュ>I Can See Clearly Now> https://youtu.be/V_p0XE28t94

ジョニナッシュが80歳で亡くなったと聞いた。盟友、ボブマーリーは生きていればいくつなんだろう(75歳くらいだと判明、ググった)

ぼくらパンクムーブメントから、レゲエ、ロックステディ、ラヴァーズロックとかいう“ずっと聴いていると不思議な身体精神の変化を及ぼす”危ない音楽を知ったものはまた、遡って、「ストラマーがリスペクトしているものをまたリスペクトする」というマナーを守るいい子ちゃんでもあったりした。だからこの曲がウエイラーズだと言いふらしていい気分だったりして。ああ、青春。燃える陽炎のような日々。

まったく、この感じを忘れてるんだよ、頭打たないベースの、タメだけのリズム、綺麗な裏声、時にインチキな権威に吠えて、又は涅槃の快楽にたゆたう、あれ。このエロースな音楽。

みんなレゲエ=ロックステディを聴くの、毎日だったら、ぼくらのあいだはもっと親しみと慈悲と、許し愛に満ちるんだろうにね。ジョニーナッシュ、あなたの人生を祝福します。安らかに、ありがとう。

🎶 そうさ 痛みもなくなった 僕はやれる 暗い気持ちはすべて消え失せた
ずっと祈ってたのさ 虹がここにかかることを これからはいい天気

f:id:sojoji:20201009015000j:image