Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

まるで営み

Why walk on the wild side>内田勘太郎>誰かが誰かを愛してる> https://youtu.be/G9e2BxruuV8

そうなんだ。全幅の信頼を置いている奇妙礼太郎くんの新譜は、勘太郎とのコラボ。で、当然、憂歌=ブルーズについての歌なんだけども、そうか、ブルーズって🎶こんにちは っていわれるもんなんじゃろか、と。日頃は忘れられてるもんなのかもね。

そう。ここでの文ももともとは”我々の内にあるブルーズ探訪
みたいな話だったんだが。気がつけば、わすれているなぁ。

2人の曲も良かったんだけど、ここは内田勘太郎さんのソロをサブスクで。
アコギ一本カバー集、なんだけどそこはやっぱ勘太郎さん。
スタンダードから寅さんのテーマ(直純!)までも。
一曲だけボーカル入りの教訓I にはいきなりの声にドギマギ。

そしてやっぱり曲の後半、アドリブになると、狂気のミシシッピー流ソロを
心おきなく披露してくれて。ああ、やっぱこのくんずほつれずに、震えが止まらんな。

f:id:sojoji:20201002030518p:image