Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

ハマショーの真実



寄る辺なき道を歩くわけ>浜田省吾>雨の日のささやき> https://youtu.be/6mtN6ZhkL8Q

僕は広島の磯育ちで、最初に好きになったのはウエストコーストの音楽。だからハマショーを聴くと、うちに帰ったような気持ちになる。

ラブトレインってアルバムは、ロックスターに意識して“なる”直前なので、古きに新きに、東西に、ポップスのアイデアとマナーがいっぱい。そしていい曲ばかり。のちに彼自身何曲もリメイクしているんだ。

🎶いつ、また、どこで、逢えるかも、わ、か、ら、ない
コーラスがいいね、カウンターメロディのここちよさ。

このの歌詞なんか、上手いなあと思う。韻律にとか、選ぶ言葉の新しさなんてものはないけど、若き日の、持つもの重くはない、でもメランコリックな気分で、人に対して、なつきたいよなあの感じ、そんな当たり前の日常、よくひびくんだ。

何年経っても、いい声に、安心のバンドメンバーのスキル。ありがとうって思わず言いそうになる。いいな。いい曲だな。

f:id:sojoji:20200701011641p:image