寄る辺なき道を走るわけ-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

C-Style >佐野元春>ナポレオンフィッシュと泳ぐ日

佐野元春について書くだけで嬉しくってついつい筆が滑る。許して)

C-Style >佐野元春>ナポレオンフィッシュと泳ぐ日>https://youtu.be/MuOdlnOZJCs

今年でデビュー40年だという元春をアンジェリーナから聴いてる僕は、13でこの人を知ったんだな。ビルボードTokyoのホーボーキングバンドはメンバーみんなブルースマンみたいなお爺ちゃんの風情。シータカさんのスティックさばきの軽さに、眠くなるよなトミオの優しいアップライトベース。ニールヤングみたく髪なびかせる長田進、ドクター、ブッカーKyonっと、おや、フライングVだぜ。

枯れてるけど確かに進んでく音。向こうの方で全部の歌詞口ずさんでる元、YOUNG SOUL REBELS。ああそれは俺のことだ。昔、佐野さんのライブは事件だった。でもどうだ、この今の感じ。当たり前じゃないけれど、これは日常の音楽。ひたすら、休まってく。

🎶世界は、少しづつ、形を変えていく/俺たちは、流れ星、これからどこへ行こう

サムデイもロックンロールナイトもやらないけど、僕らにはわかる。今聴きたいのはMOTOが聴かせたいあんな曲、こんな曲だってこと。まだどっかに行くんだ。運命に逆らってみたら、そこで、運命を見つけてきたようにね。今までのように。