寄る辺なき道を走るわけ-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

C-Style >ザビアクガート楽団>ジャングルドラムス

C-Style >ザビアクガート楽団>ジャングルドラムス>https://youtu.be/QH7d1a3pU2Q

トロトロと眠い一日中 何か、こう、確かなものに触れたい。こんな時、ラテンのファットなリズム、豊かな一つ一つの音。驚くようなアイデア

 


ザビアクガートはスペインの音楽家。なのに第三世界(死語?差別語?)のアイデアをかすめた、金の匂いのする音楽?昭和の日本の貧しさときらびやかさをないまぜにして織り込んだ、したたかな強さ、転げゆく弱さを秘めた世界への誘い。

 


いや、たわごと。そんなこと考えてたわけじゃない。どんなふうに感じるかが重要なんだ。

今日、驚いたことがある。心理療法家のエリクソンは“失音楽症”に罹患していたんだ「失音楽症は彼が話し相手の呼吸や抑揚に意識的な注意を向ける事を可能にし、これは後に彼が催眠を独習する時に大きな利点となった」

 


それで?この話には収まるところはない。ただ、音楽がないってことがあるんだと、思っただけ。それが問題にならない生き方もあるんだ、と知っただけ。

f:id:sojoji:20190120011915j:image