Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

C-Style >エリスレジーナ&アントニオカルロスジョビン>三月の水

C-Style >エリスレジーナ&アントニオカルロスジョビン>三月の水>https://youtu.be/QF_Ekf6nHj8 この世に天才がいるとしたら、それも女性ボーカルでいえば ビリーホリディ、矢野顕子、あと、エリスレジーナ。

「人間は歌を歌う時、自分の声を聞きながら音程を調節しているのです。トレーニングをすれば正確な音程は出せます。でも、なかなか音の初めからと言うわけにはいかない。その音を狙って声を出し始めてから100分の何秒かというわずかな時間の間に、何分の1秒かの音程を調整しているのです。ところが、エリスの場合は違う。最初から、ドンピシャ。」

柿木央久氏が記したもの。うん。まったく、そうかもしれない。この曲の後半で、ジョビンの“味な”しわがれ声に丁々発止のハッシみたく答えるエリスは、ほとんど笑いながらのだみ声になるんだけど、それまでの正確さが余計ね、際立つの。ような気がする、だな。

単音のピアノ、サンバのリズム感じさせるギター、あとはパウロブラーガの“うねり”を生むドラミング。ため息の3分30秒 エリスのステップ踏むような節 これがアントニオの夢だったのかもね。音楽を聴く人みんなに、知ってもらいたい。聴いてもらいたい。

f:id:sojoji:20181211230809j:image