New Coat of Paint-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

C-Style>クイーンとボウイ>アンダープレッシャー>

 C-Style>クイーンとボウイ>アンダープレッシャー>https://youtu.be/GvoAht52UM8

>クイーンに魅入って約32時間目。今考えてること?じゃあどの曲をいちばん脳内再生してきたんだろ?つてこと。この曲なんだ。あのベースのイントロ。

 

なんだ、デビッドボウイじゃないかって?いやいや、この曲、合作なんだけど、一緒にやってるのがいいんだ。割り振りがいい。

 

フレディ🎶どうしてぼくたちは自分たちに望みをもてないのだろう?/どうして僕たちは与えることができないのだろう、ただ愛、ただ愛を、ただ愛を与えるだけでいいはずなのに

 

ボウイ🎶愛さえあれば 自分たちの未来をも変えてしまえるのさ/

これはぼくたちのラストダンス/ラストダンスだ

 

映画『ボヘミアンラプソディー』のウエンブリーのシーンで、僕らは泣いた。あれは、そこまでたどり着いた登場人物が、皆んな自分達のその先が変わるんじゃ無いかと、希望、みたいなのみれた、と思えたからなんじゃないかと。いや、観客や僕らも含めてね。

 

あんなに成功にまっしぐらで、欲しいもの、手に入れたようなフレディが、やっぱりひとりなんだと、気がついてあがいてた。手垢のついた話。でもね。よくわからない“愛”みたいなもの 思って探って、表していくしかないんだろ。

 

それが、ラストダンス。最後の最後に、わかったこと。

かもね。

f:id:sojoji:20181201002040p:image