New Coat of Paint-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

ミーンストリートのビーマイベイビー

https://youtu.be/k0KMxLvsvLI オレはヘタれたれた末に依存物質に頭と身体をやられて眠る。起き出した時に例えばフィルスペクターの曲なんか聴いて清浄された感に浸るなんてことやってきたんだと気がついた。同じことの繰り返し。フィル、君の作品はオレの精神安定剤

f:id:sojoji:20210119223841j:image

ブロークンハートランニング

 N.C.O.P. #ブルーススプリングスティーン #タファーザンザレスト

https://youtu.be/1bmxcBEGbHw

そのアーチストの、一番聴いたアルバムをとりあげているわけじゃないけど、このアルバムは今でもなんだか、準備なしに聴けるんだよな。ちょっと気取っておしゃれなスーツに棒タイなんかして、車はキャデラックなんだろうけど。友人の下宿で発売前に「お前は特別。ブルースが一番好きなんだろ?」ときかせて貰った時はちょっとめんくらった(ビックマンのサックスがないじゃないか?)その、妙に滑らかな曲調に。ブルースの優しげな歌い回しに。今聴くとやっぱり気張った感じなんだけどな。さて、愛は惜しみなく奪う、じゃなくて、恋は盲目、もとい恋愛、結婚は“暗くて細い線、それでも俺は歩く、あなたが愛に耐えるのならば、俺は他の誰よりもタフだ“そんなこの曲のPVは、本当に恋愛関係にあった(そして不倫関係?)パティスキャルファとの見つめ合い、がほとんど。いや、凄いドキュメントだよな。そんで、これは俺にとっても恋愛についてのロールモデル?になっていたんだなあ、と今わかる。それが誤りだったのかもとも思うけどな「愛というトンネルに入っていく勇気がなければ、一緒にはいれない」これ。なんだろう、人に求めるアグレッシブな感じ、誤りとも思い切れないけどさ。さあさあ、あれから何年経つか。恋愛至上主義とか嘘ぶいて結果バツイチのハングリーハート、まあ、トンネルに入るのは、ごめんって感じだけどな。

f:id:sojoji:20201218235852p:image

 

 

ブルーの見解

N.C.O.P. #ボブディラン #ブルーにこんがらがって

https://youtu.be/QKcNyMBw818

今年一番聴いたのは、藤井風君のファーストアルバムで、もはや新しい風の刺激というより、いつでも、セレニティ=落ち着きもたらすマストアイテムになってる。こんなアルバム、過去にもいくつか。例えば。正当なディラノロジストを自認する、したい俺にとって、多くの先人と同じように #血の轍 がセレニティの砦。このアルバムは聴いた。どんな時も、誰とでも。ディランの愛の歌がこれほどまでに響くものは無い。 #愚かな風 ですらね。上手いよ、歌、そして歌われる愛はみんな過ぎ去った過去のもの「失恋歌」こそが彼の真骨頂〜語り手は歌にもあるように常に「True Love(本当の愛)」を求めている。でも、それが本物だったと気づくのはいつも、自分の不届きでそれを失った直後。だから語り手は、時空を越え、本当の愛を失った瞬間に囚われ続ける。何年も何十年もそこから抜け出せず、「本当の愛」を追憶し続ける。本当の愛は現在形では決して成就しないかのように。もし、それがいま目の前にあると思っている人がいたら、それはまやかし。愛とは、失われてこそのもの、とでも言いたげに。藤原章生毎日新聞記者)〜まるまる引用してしまった。昔読んで感銘受けたデイラン研究者の見解。まるで俺の言いたいこと。そんで今もこんがらがってる。変えられない過去、それはもう遅い手遅れへの思慕。だからこそ変わらないことへの、いわばあんしん。後ろ向き?いいさそれでも、時空超えて、ブルーの中で。安穏を感じて。

f:id:sojoji:20201215024441j:image

 

禁断の歌詞引用

N.C.O.P. #U2 #オールアイウォントイズユー

https://www.nicovideo.jp/watch/sm5017729

最初はU2をの時期まで聴いたか?というような感じで、ルーツロックの探訪の旅に出た奴らと当時の自分の音楽嗜好を重ねる、なんてありきたりな音楽談義にするつもりだったのだ。取り上げるのは ♩終わりなき旅 のつもりだった。けど、ここ数日彼らの曲を聴き掘るうちに、そんなんどうでも良くなって(ああ、そう。新装開店以降は取り上げるアーチストの曲かなり聴き込んでんだ)んだ。要はあの、フェリーにかぶれの思わせぶりなPVを久しぶりに観ちゃったから。あれ、ね。サーカスのやつ。誰が死んだんだ?っての。つまり“揺り籠から墓場まで”俺は愛してるってやつ。それ。僕はこの曲が好きで、それはすれ違いの愛のかたちがそのまんまな歌詞や、エッジの効き目フレーズが、美しいと思うのと、悪夢とも至福とも言えるヴァンダイクのオーケストレーションとか、まあ、色々なんだろうけど、なんか「青春」に区切りをつけた時に聴いてた曲だったからなんだよ。ものすごい勢いで時計の針が回るティーンから二十代終えて「僕は何者でもなく、何者にもなれずに老いて死んでいく」と、予感?実感がわいた時に後ろで鳴っていた曲。ああそう。禁断の歌詞引用をすると🎶 にしてもゆりかごから墓場までの間に僕らがダメにするにする約束の多いこと
僕が欲しいのは君だけなのに。あのPV の謎は解けない。そもそも意味なんかないようなもんなのかもしれない。でも愛みたいなものがそこかしこにあるんだってことは、わかったけどさ。 
f:id:sojoji:20201213235902p:image

魔性のパティ

N.C.O.P. #デレクアンドドミノス #愛しのレイラ 

https://youtu.be/3n92zksrhbc

クラプトンはレイラを演奏するとき、どんな気持ちだったんだろう。ペルシャの詩人の詩にかこつけてるけど、レイラはパティボイドだし、ジョージの妻だった頃の不倫略奪の宣言みたいなもんで、結果一緒になるわけで純愛のテーマソングみたいになってるけど、アル中薬中でその結婚生活も続かなかったって、みんな知ってる中で何度も何度も。アンプラグドヴァージョンもあるし、武道館ライブじゃ、一曲目だったし、聴衆が求める名曲。いやその成り立ちのトリビアから言っても、なんだかもう、いいんじゃないかと思いそうなもんだけど。曲は曲ってことなのか。つまりは、曲って、生まれた時のパッションと演奏する段になれば違うエモーション、これでいいのかな。いいんだよな。何をこだわってるのか。ええと、自分、このまた長すぎる後奏というか、デュアンオールマンのぴえんぴえん鳴り響くギターとジムゴードンの“清らかに天に登ってくような”ピアノが好きなんだが、スコセッシの映画でこの部分だけが使われていたの、思い出すな。いや、終わり=破滅の予感の前の刹那って、文学じゃん。なんて、呑気な破滅願望。最近は疲れが頭の芯まできてるようで、殊更染みるな「自分、全てを捧げる」と、言い切った一世一代の大見得求愛ソング。それ、クラプトンにとっちゃ、結果がどうであれ、いい、思い出なんだろうな。その時の自分があるから、いまここで生きてるって、ちょっと悪くない気分なんだろうな、とも思ってみる。知らんけど、さ。

f:id:sojoji:20201210003547p:image

キスキスキスが二曲目

N.C.O.P #ジョンレノン #スターテイングオーヴァー

https://youtu.be/pZCxyOcvp5A

僕らは何度でもやり直せる。いつだって、今のままで。新しいアイデアが浮かんでこなくても、足りないって嘆いていても、それでも大丈夫。僕は生きてきたんだから。ジョンレノンが死んだのは中学2年生の時。ロックミュージックを聴き始めて、ビートルズのアルバムを1枚目から買い揃えていたんだけど“隠遁生活”から復活したジョンのダブルファンタジーを「順番をすっ飛ばして買った」すぐ後だった。イントロのチャイムはジョンの魂のリメイク、とか、最後のボコーダーかけたようなセリフは立川の駅の場内放送とか、友人にトリビア話したくてしかたなかった。そして、ビートルズの再結成を信じていた。「これは大変なことになった」夕方のラジオニュース、自分の部屋のSONYのラジカセ誰かと興奮を分かち合えたかった。7時にやってきた広大医学部の家庭教師のお兄さんと、今日は特別って、紅茶飲みながらヘルプのアルバムを聞いたんだ(ダブルファンタジーは二曲目がやばかったから避けたんだっけ)今、何年も経ってジョンから貰ったアティチュードを思う。Look out!僕らは成長した。今まで激しすぎたけど、もっといい感じに優しくできるのさ、きっと。僕は何度でもやり直せる。それは今感じる希望。生きていくための知恵。そんなこと。

f:id:sojoji:20201209001220p:image