Why walk on the wild side-音楽で何処へ行こうか

「ブルーズが、人間の胸に風を吹き込む。その風なしでは、我々は呼吸することができない」寄る辺なき道を走るわけ、を探して。憂歌、鳴り止まない日々、さて今日は、音楽で何処へ行こうか

ミレニアムエイジ


Why walk on the wild side>Vaundy>東京フラッシュ> https://youtu.be/SIuF37EWaLU

もう一週間も、#vaundy のこの曲と、アルバムを聴き続けている。そしてなんとかうまいこと言おうかと七転八倒してんだけど。

かつて、細野さんが♩東京ラッシュ に心根をかくし込んだように、一筋縄ではいかないのだな。あれって、鬱な時代の閉塞を、ワールドワイドにひらく、みたいな仕掛けだったんだろ。スキゾな振りして。この次はモアベターってさ。

🎶相槌が上手くなったんだ
(できてる、できてる)

ミレニアム世代が瞬いてみる東京は、断崖絶壁な、通えない僕らの映し絵。#発達障害 のキミと #カサンドラ な私。とっても救いのないような時代の空気。

🎶どこへ行こう?まだ聴いてんだ、かつていた東京の夜明け前の街とらえたPVでさ。
f:id:sojoji:20201024013252p:plain

魔性の曲

Why walk on the wild sid>斉藤由貴>卒業> https://youtu.be/oSqTaVzqPIk

筒美京平氏がお亡くなりになって、昭和、平成、令和の歌舞謡曲に親しんできた自分としては何かしら感謝と哀悼の意、そして御同輩に”自分が最も親しんだが筒美歌謡“を弔いの意味で申し上げたい。と思う次第。あんな曲、こんな曲。シングルのみならず、いわゆるニューミュージック、日本のシティーポップスのパイオニアがアルバムの中に忍ばせた筒美京平作曲のそんな曲。作品は3000を超えるそうでイヤハヤ。BS12で絶賛放送中の『カセットテープミュージック』を楽しみに拝見しているような同志には「あの回からか」とバレバレな選曲と見透かされようとも、自分のナンバーワン筒美歌謡はこれ。

斉藤由貴さんのデビュー曲 卒業

アレンジャーの武部聡志氏は筒美京平氏の内弟子みたいな方で、この頃の京平様は作曲の中にアレンジも想定していたところに武部氏があの“イントロ”と“まるでユーフォニュームのような包容力“のピアニカの間奏、でポスト京平としておすみついた、という、、、いや、想像なんやけど。

斉藤由貴の『卒業』で表現されているのは、女性は鼻で笑うかもしれないけれど男性から見た理想の女性像 byマキタ氏→これはネットで拾った。

すごいなあ、サビでの天高く舞い上がるメロデイーと歌い切る斉藤さん
鼻で笑われながらも、この世界に身を委ねたアオハルの日々の甘酸っぱい想いリメンバー。
同時代を生きた証。筒美歌謡の最高傑作。偉大なるコンポーザー。

ああ、忘れちゃいけない。
筒美京平さん、あなたの人生に祝福された何十年でした。ありがとう。幸せを。

ライブ

https://youtu.be/wu6FAIrkpAQ

 

f:id:sojoji:20201013004034p:image

ヘイ!バンガロービル

Why walk on the wild sid>佐野元春>ニューエイジ>https://youtu.be/Q3qq9-g8pUM

自助グループに当事者じゃない僕(=ただ看護師であるってだけの)が通ってるのは 言葉が、正直に誠意を持って絞り出されてる場所だと知ってしまったから。少なくともそういう気持ちを持っていることが、当たり前の空気だから、あの場所は。安全と安心に満ちているから。

語られるのは過去の自分、と交通しているすぐそばの人。
そしてみんな、今、とっても不確かで脆いとこにいて、
明日をもしれない事をわかっている。

いつもみたいに断酒会で感謝とエールを言葉にして、独りの家に戻る。
そうして佐野さんがsongsで歌うのを観た。
ドキッとしたんだ。

🎶誰もわかってくれない
誰も気付いてくれない
でも今夜は闇をくぐって小舟を漕ぎ出したい
That's meaning of life

“人生の意味“
そんなことをかんがえる、話す、聴くことって
あんまりなかったから。
アディクツと呼ばれながら、小さく集い、時間を重ねた、
静けさと謙虚さを備えた、魅力的としか言えない人たちに、こうして、逢うまでは。

f:id:sojoji:20201012001535p:image

 

世界は平和に

Why walk on the wild sid> ジョニー・ナッシュ>I Can See Clearly Now> https://youtu.be/V_p0XE28t94

ジョニナッシュが80歳で亡くなったと聞いた。盟友、ボブマーリーは生きていればいくつなんだろう(75歳くらいだと判明、ググった)

ぼくらパンクムーブメントから、レゲエ、ロックステディ、ラヴァーズロックとかいう“ずっと聴いていると不思議な身体精神の変化を及ぼす”危ない音楽を知ったものはまた、遡って、「ストラマーがリスペクトしているものをまたリスペクトする」というマナーを守るいい子ちゃんでもあったりした。だからこの曲がウエイラーズだと言いふらしていい気分だったりして。ああ、青春。燃える陽炎のような日々。

まったく、この感じを忘れてるんだよ、頭打たないベースの、タメだけのリズム、綺麗な裏声、時にインチキな権威に吠えて、又は涅槃の快楽にたゆたう、あれ。このエロースな音楽。

みんなレゲエ=ロックステディを聴くの、毎日だったら、ぼくらのあいだはもっと親しみと慈悲と、許し愛に満ちるんだろうにね。ジョニーナッシュ、あなたの人生を祝福します。安らかに、ありがとう。

🎶 そうさ 痛みもなくなった 僕はやれる 暗い気持ちはすべて消え失せた
ずっと祈ってたのさ 虹がここにかかることを これからはいい天気

f:id:sojoji:20201009015000j:image

 

 

マーティーもエデイ好きなんだろな

Why walk on the wild side>ヴァンヘイレン>ユーリアリーガットミー> https://youtu.be/Bg1UG0GwIKc

長いこと音楽のこと書いてるとお悔やみばっかりになるな/俺も歳だな、老いてくな/エディはシリアスな曲でも笑っていていかがなもんかと思ったな/でも楽しそうで、ぎた弾きに嫉妬したな/ヴァンヘイレンって甲斐バンドみたいな名前だな/そういえばアルバム一枚通して聴いたことあったっけ?/デビッドリーロスのインテリマッチョぶりには一時こったな、ソロはよく聴いたな/ライトハンドって何やあれと思ってたけど今聴くと凄えな/ヴァンって野村義男だよな、逆か、とか、色々走馬灯

キンクスのライブ盤で、イントロ弾いて曲いかないっての、何度も繰り返すの、あったけど、あれ、本家が逆オマージュってかいじってたんだろな、喜び込めて。ええ話。

ロック史上最高のイントロ、リフ、音階上がるだけでサビまで持ってくこの気持ちよさ、再発見がデビュー作なんて、ヴァンヘイレン、イカシテタな。エディ、安らかに。あなたのギター人生を祝福します。ありがとう。

f:id:sojoji:20201007224741p:image

 

まるで営み

Why walk on the wild side>内田勘太郎>誰かが誰かを愛してる> https://youtu.be/G9e2BxruuV8

そうなんだ。全幅の信頼を置いている奇妙礼太郎くんの新譜は、勘太郎とのコラボ。で、当然、憂歌=ブルーズについての歌なんだけども、そうか、ブルーズって🎶こんにちは っていわれるもんなんじゃろか、と。日頃は忘れられてるもんなのかもね。

そう。ここでの文ももともとは”我々の内にあるブルーズ探訪
みたいな話だったんだが。気がつけば、わすれているなぁ。

2人の曲も良かったんだけど、ここは内田勘太郎さんのソロをサブスクで。
アコギ一本カバー集、なんだけどそこはやっぱ勘太郎さん。
スタンダードから寅さんのテーマ(直純!)までも。
一曲だけボーカル入りの教訓I にはいきなりの声にドギマギ。

そしてやっぱり曲の後半、アドリブになると、狂気のミシシッピー流ソロを
心おきなく披露してくれて。ああ、やっぱこのくんずほつれずに、震えが止まらんな。

f:id:sojoji:20201002030518p:image

ビートルズが教えてくれた

Why walk on the wild side>>ビートルズ>ストロベリーフィールズフォーエヴァー> https://youtu.be/HtUH9z_Oey8

あの人に。

🎶 僕の庭の木には 多分誰も近づいて来ない
多分それが 高すぎるか低すぎるから
多分これは 君には合わないってこと
でも大丈夫さ これも多分 そんなに悪くないからさ

ティーンの頃、僕は♪ストロベリーフィールズフォーエヴァーがとても怖かった
メトロトロンや逆回転、ノイズ、そういう“聴いたこともない、ポップソングの形をなさない”音のせいもあるんだろう、けど。

青盤、LPレコードの明朝体の歌詞カードを食い入るように読み耽りながら
どうしたってこれは、死ぬこと、それも自死に魅入られた人のことなんじゃないかと、うがていた。

今となっては、ダウナーなドラッグ体験の再現だとか、元祖中二病みたいな、万能感と裏腹の全てを手放す、みたいなカウンターカルチャの気分を代弁したと、まことしやかに解説できるんだけど。

ねえ、やっぱり、独りを感じてしまうことは、あるんだよな。あの人の理由は、わからないって。
そして、何か、例えばジョン、ポール、ジョージ、リンゴの声が浮かんで仕方ないことが。
なぜ、と何千回繰り返したってわからないんだろうと感じる、こんな夜には。

f:id:sojoji:20200928000046j:plain